ビットコインの生みの親『サトシ・ナカモト』の正体は?

ビットコインには生みの親がいます。

ビットコインを知る人ならだれでも知る名前です。

「サトシ・ナカモト」

 

日本人のような名前ですが、日本人かどうかはわかっていません。

実は「サトシ・ナカモト」の正体は謎に包まれ、今も不明なのです。

なんだかスーパーマンみたいですね(^^♪

 

どこで何をしている人なのか、個人的にすごく気になりますが、きっと今は初期に保有していたビットコインの売却益を手にし、幸せな暮らしをしていることでしょう(*´з`)

サトシ・ナカモトの3年間

そんな正体不明な「サトシ・ナカモト」ですが、彼がどのようにビットコインを作り出していったのか、3年間を振り返ってみたいと思います。

2008年 論文を発表する

この年、「サトシ・ナカモト」と名乗る人物が、仮想通貨と元となる論文を発表しました。

「P2P電子マネーシステム」という論文です。

 

暗号通貨理論に関するメーリングリストにて発表されたといいます。

この論文では、管理者が居なくてもオンライン上でお金を安全に取引する技術を明らかにし、他の技術者から注目を集めることとなりました。

2009年 論文を元に運用が開始された

翌年、彼の論文を元にビットコインのソフトウェアが発表され運用が開始されました。

ビットコイン初めての発行です!

運用当初は仲間内でのゲーム通貨のように使われていましたが、ピザとビットコインを交換したことをきっかけに、世界に普及するようになりました。

 

サトシ・ナカモトの書いた論文に共感したコミュニティの仲間達が創り上げたのです。

この時サトシ・ナカモトはコミュニティの仲間と一緒に、ソフトウェア開発に尽力したと言われています。

2010年 コミュニティから撤退する

その後、サトシ・ナカモトはプロジェクトを仲間に託してビットコインの世界から撤退しました。

その時に保有していたとされるビットコインは100万BTC。

当時は価値が無いに等しかったビットコインですが、現在の相場では100万BTCは約数千億円にも上ります。

 

数千億円を手にしたビットコインの産みの親は、ビットコインの行く末を静かに見守っていることでしょう(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*