仮想通貨に潜む身近な10個のリスクとは

未来を変える可能性がある仮想通貨ですが、現時点ではまだまだ多くのリスクがあり、法整備もこれからです。

しかしビットコインの中核技術である「ブロックチェーン」は、近い将来社会に多大な影響を及ぼすことになるでしょう、

危険ばかりに目を向けず、リスクを知った上で正しく仮想通貨を理解することが大切です。

仮想通貨に潜む身近な10のリスク

①価格変動による損失

仮想通貨は、価格の変動が非常に大きいです。半日で取引価格が乱高下することもあります。

価格変動により損失を追う可能性があることを理解し、投資の際には必ず余剰資金で行うようにしましょう。

②誤送金

仮想通貨を送金する際には、アドレスが必要となります。

相手のアドレスを間違って送ってしまった場合、取り消すことはできません。

送金する際には、慎重に注意深く送るようにしましょう。

③秘密鍵の漏洩

サイバー攻撃や、IDパスワードの流出があると、秘密鍵が漏洩し通貨が盗まれる可能性があります。

購入した仮想通貨は、コールドウォレットを使いオフラインで管理し、IDやパスワードの管理を徹底するようにしましょう。

④取引所の破綻

取引所が経営破綻などで事業を継続できなくなった場合に、取引所の体制によっては利用者の資産がなくなってしまう可能性があります。

取引所を選ぶ際には、経営基盤がしっかりした取引所を選びましょう。特に倒産法や会社法、会社更生法、民事再生法などに基づいて手続きが行われる取引所を選ぶように注意しましょう。

⑤仮想通貨のネットワーク上のトラブル

仮想通貨の取引は仮想通貨ネットワーク上で承認されことで完了します。

ネットワーク上で何らかのトラブルが起こった場合、取引がキャンセルされることがあります。

リスク回避のためには、金融庁・財務局の登録を受けた取引所を利用しましょう。

⑥システム障害

何らかの問題で取引所や使用しているインターネット回線、パソコンなどにシステム障害が発生すると、取引ができないなどのトラブルが生じます。

取引所に責任があることが証明されれば補償されることもありますが、それ以外は基本的には救済ができません。

障害が起こらないようにするためには、普段からパソコンやスマホのメンテナンスをしっかりと行っておきましょう。

⑦法令・税制の改変

国内の仮想通貨の取り扱いについて、法令や税制が変わることがあります。

改正によっては仮想通貨に大きなダメージを及ぼす可能性も否定できません。

価格が暴落したり、取引が停止されたり、譲渡益への税負担が増えたりといった問題があります。

 

このように仮想通貨はリターンが見込める代わりに、リスクがあります。

仮想通貨取引は、すべて自己責任、自己管理が基本です。

リスクを正しく理解してから、仮想通貨取引を始めるようにしましょう(*^。^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*